お出掛け情報

体験型動物園iZoo(イズー)に行ってきた!大人も子供も大興奮

ちゃみホームへようこそ、2児のママで主婦のちゃみ(@cyamiful)です。

日本初の体感型動物園iZoo(イズー)に5歳と3歳の子供を連れて行ってきました。

ちゃみ
ちゃみ
爬虫類は得意じゃないけれど子供たちの為に頑張ってきましたよー
ホームくん
ホームくん
動物園といってもiZooには爬虫類や両生類しかいないもんね
体感型カエル館kawaZoo(カワズー)はとても楽しめるので子連れにオススメ体感型カエル館kawaZoo(カワズー)子連れ体験ブログ。レポ。...

体感型動物園iZoo(イズー)は伊豆高原が雨の日でも子供と楽しめる

日本ではここiZoo(イズー)でしか見られない爬虫類や絶滅危惧種など貴重な爬虫類を見ることができます。
繁殖活動もしているので卵も見ることができます。

iZoo
レストランと売店
入口入口

チケットを購入して入館します。
この日は姉妹館の体感型カエル館KawaZoo(カワズー)にも行く予定だったので共通券を購入しました。

ちゃみ
ちゃみ
6歳未満は無料なので嬉しい♡

入ってすぐにテンションの高い女性に並ばされてぬいぐるみを渡され、写真を撮られます。
写真は出口で1枚1,000円で購入できます。

iZooの思い出にオススメ

かわいいアカメアマガエルのぬいぐるみは売店やKawaZoo(カワズー)にも売っています(笑)

iZoo(イズー)は1日楽しめる?ちゃみ家の滞在時間

子供にもよるかとは思いますが、iZoo(イズー)は屋内と屋外展示があり施設だけでもとても広く1日たーっぷり楽しめます!!
生き物が好きなお子さんなら間違いなく滞在時間は伸びます。
ただ、爬虫類にまったく興味がなかったりどこにいるか探すのが面倒な場合だと1~2時間くらいだと思います。

ちゃみ
ちゃみ
子どもたちかなり気に入って再入園しましたよ!

この日は
iZoo(イズー)入園
→KawaZoo(カワズー)入館
→iZoo(イズー)再入園で閉園までいました

赤ちゃんは抱っこ紐一択

iZoo(イズー)では乳児は抱っこ紐がベストです。
床や階段には土や木製チップが敷き詰めてあり、エレベーターもないので担ぐのも大変です。

トカゲやコオロギなどの虫もいたりします

生き物たちの為に土やウッドチップが敷いてあるんですね。

ほんとうにカメさんも歩いてます
階段結構キツイです

よちよち歩きくらいの子では手をついたりお尻を付けば汚れますし口に入れたりしたら大変。
触って噛まれたりしても自己責任なので、やはり抱っこ紐が安心安全です。

ホームくん
ホームくん
歩いてるだけで靴もけっこう汚れるよ

服は大丈夫だと思いますが、靴は汚れてもいいスニーカーなどがオススメ。

  • ベビーカーではなく抱っこ紐推奨
  • 靴は汚れても良いもの

緊張!危険なヘビがたくさん近くでみれちゃう

iZoo(イズー)にはたくさんのヘビがいますが、毒蛇の展示スペースはケースの中にいるのだとわかってはいても緊張します!

毒ヘビがいっぱい

世界で一番危険なブラックマンバ

あまり聞いたことのない名前ですが、専門家の間ではキングコブラより危険と言われている世界最強の毒ヘビがiZoo(イズー)にいます。

見た目はかわいい

ブラックマンバが最強と言われるのは持っている毒が強くて量も多いうえに即効性がある為です。
動きも俊敏で早いうえに人間の胸元から頭部くらいの高さまで上体をあげることもできるので逃げるのも難しい!

ホームくん
ホームくん
そんな危険生物が図鑑じゃなくて目の前で動いてるなんて!

子供はもちろん大人も釘付け。
夫も『え!ブラックマンバがいる!!』と大興奮でした。

毒ヘビ展示フロアの奥にはカメさんがいておさわりOK

奥に行くとカメさんがいます

小さめのカメさん達がたくさんいます。触ることができるので抱っこしている人もいましたよ。

これぞ体験型!iZoo(イズー)でできること

iZoo(イズー)では沢山のは虫類や生き物達を見ることができるのはもちろん、触れたり写真を撮ることができます。

ふれあいコーナーでふれあい体験

ふれあいコーナーはスタッフさんの誘導、監督のもと行われます。
日や体調などによってふれあえる生き物は違うので、何度も体験したいコーナーです。
基本的に4種類くらいを触ることができてこの日はトカゲ2種類とカイマンとヘビ。
混んでいる時は行列ができるので並びます。

スタッフのお姉さんがさわり方を教えてくれてコーンスネークをにぎにぎ

『爬虫類さわったことない!』でも大丈夫。
スタッフさんが触り方や持ち方、こうしたらダメだよ、と丁寧に説明してくれて名前や生態についても教えてくれます。

ちゃみ
ちゃみ
小さい子供にもわかりやすく教えてくれるよ

ふれあいコーナーを終えると、ヘビの脱皮した皮がもらえます。

選べるよ

1人1つもらえます。ヘビの種類も書いてあるので館内でどのヘビかな?と探したり、帰宅してからも図鑑で探してみたりと楽しめます!

餌やりコーナー

ふれあいコーナーの所にはリクガメがたくさんいて餌をあげることができます。

リクガメさんは自由です
トングであげてね

餌は竹筒に小松菜が入っているのでトングであげます。
手であげると指ごともっていかれてしまうようなので必ずトングであげましょう。

ちゃみ
ちゃみ
餌をもっているとすごい勢いでリクガメさん達が寄ってくるよ!

餌は1つ300円

ニシキヘビと記念写真

ニシキヘビと写真を撮ることができます。

ヘビその時によってニシキヘビは違います

ヘビの体調によって実施時間は異なります!

今日はどのニシキヘビさんかな?

台の上に呼び出しボタンがあるのでボタンを押して待っているとスタッフさんが来てくれます。

展示スペースのニシキヘビさん

ニシキヘビとの写真台紙付き1,000円

ゾウガメと記念写真

ニシキヘビと同じようにゾウガメとも写真を撮ることができます。

ゾウガメ牧場

この日はゾウガメさんは外より屋内のスペースにたくさんいました。
ゾウガメも呼び出しボタンが置いてあるのでボタンを押してスタッフさんを呼ぶと記念撮影をしてくれます。
体重が30キロ以下のお子様はゾウガメの背中に乗ることができますよ。

世界最大のゾウガメ

ゾウガメとの写真台紙付き1,000円

カメレース

亀レースはテレビでも取り上げられたりと実況のお兄さん含めてiZoo(イズー)の名物のひとつ。
訪れたときはちょうどレースが盛り上がってるところで参加はできませんでしたがすごく楽しそうだったので次回は参加したいです。

冬期は亀さんが冬眠してしまうので冬眠明けをチェックしておくと安心。
2020年は3月2日より開催予定 😀

屋外施設は今も建設中でiZoo(イズー)は進化中

建設中のコモドオオトカゲの展示スペースはかなり大きなもので期待が高まります。

ちゃみ
ちゃみ
コモドオオトカゲはかなり楽しみ!!
屋外にもたーくさんの生き物の展示があります

屋外展示の中でも驚いたのがこちら。建物寄りの何もないところにまるで作り物のようにエミューが2頭佇んでます。

飛び越えちゃったりしないのかドキドキ

あとで知ったのですが、エミューは敷地内を自由に過ごしているそうです!
エミュー大きいし、さすがにちょっと怖いですw

触ることはできませんが、カメレオンも放し飼いされてるようです。

ちゃみ
ちゃみ
カメレオン見つけるのかなり大変そうだけどね

11月下旬だったので屋外は特に冬眠しちゃってる種類が多かったです。

展示方法が斬新すぎて近寄れないけどムシできない

順路としては屋内から屋外に出て、また屋内に戻ります。
カメレオン、トカゲ、ワニなどの展示が続き、カメの展示の奥にそれはあります。

虫むしムシ

サソリやタランチュラなどもいます!
対角にはiZoo(イズー)唯一の哺乳類?ハダカデバネズミもいてハダカデバネズミの赤ちゃんをみることもできます。

この展示方法はiZoo(イズー)だけ?!ゴキブリみたいですか?

ゴキブリの部屋こちら、と書いてあるようにカーテンのむこうにゴキブリが2,000匹ほど展示されています。

入りませんでした

私には覚悟も勇気もなく中に入ることはできませんでしたが、チラッと覗いた夫の話では木にびっしりとひっついているそうです。
しかも衝撃なのですがむきだしです、2,000匹はケースに入っていません
ゴキブリタワーとも言われているそうですが、ケースなどに入っていても見るのがツラいのにもう想像だけで限界です。

さぁさぁさぁと煽られます

夫がしきりに『なんで逃げないんだろう、なんか独特な匂いがする』と言っていたので隔てるものがないがゆえに匂いなども感じ取れるようです。

ちゃみ
ちゃみ
見たい人だけ見てね~!

ワニ肉も食べられる人気のレストラン

エスカレーターを上がると出口になっていてレストランと売店につながっています。
エスカレーターは一方通行なので上がってしまうと戻れません。
ワニ肉の食べられるレストランは人気です。

レストランのメニューが!

ラストオーダー間近だったこともあり、メニューには売り切れのシールがちらほら!

ちゃみ
ちゃみ
食べたいメニューがあるなら先にレストランで食べてから入園しても良いかも!
売り切れ続出

静岡県といえばの海鮮や金目鯛、キッズカレーやミートソースなど子供向けのメニューもあります。

入り口です

レストランの入り口にメニューと食券の自動販売機があります。

iZoo(イズー)のお土産

iZoo(イズー)のショップは広くてたーくさんの爬虫類グッズがあり、見ているだけでも楽しいです。
iZoo(イズー)のオリジナルグッズやキティちゃんコラボ、お菓子もたくさんあるのですが、我が家のお気に入りは靴下です。

iZoo(イズー)の靴下がかわいい

iZoo(イズー)オリジナルの靴下です。
サイズが子供用と大人用があるので親子ペアやきょうだい、お友達とのオソロもできちゃいます。
それになにより実用的でもらったらうれしいお土産の一つです。

かわいい靴下
ちゃみ
ちゃみ
カメレオンやゾウガメなど他にも種類があるよ!

税込550円とお手頃価格もうれしい♪

iZoo公式サイトでも購入できます

iZoo(イズー)公式オンラインショップ
ジャングルギフト

体験型動物園iZoo(イズー)基本情報

iZoo(イズー)の入園料や所在地です。
詳細は公式サイトを確認してください。

iZoo(イズー)公式サイト

※価格は2019年12月現在のものです

一般 団体割引(15名以上)
大人(中学生以上) 2,000円 1,700円
小人(小学生) 800円 600円
幼児(6歳未満) 無料 無料

 

  • シルバー割引(70歳以上)
  • 障害者手帳をお持ちの方とご同伴者(1名)
  • JAF会員割引
    クレジットカードでの支払い時には割引は利用できません

asoview(アソビュー)にも割引がありますよ
asoview割引

カワズーも行くなら共通入園・入館券がお得

iZoo(イズー)とKawaZoo(カワズー)は車で20分の距離です。

ホームくん
ホームくん
時間があればKawaZoo(カワズー)も行ってみてね
体感型カエル館kawaZoo(カワズー)はとても楽しめるので子連れにオススメ体感型カエル館kawaZoo(カワズー)子連れ体験ブログ。レポ。...

ランキングに参加しています
にほんブログ村 住まいブログへ 
1ポチッと応援してくださると、更新の励みになります♡

RSSリーダーで購読する
ABOUT ME
アバター
ちゃみ
アラフォー主婦ちゃみです このブログは巨額の住宅ローンと闘う主婦の住宅ローン地獄の日々を綴ります